• shipping globe map C

The Onboard Data Revolution

The On Board Data Revolution  船陸間データコミュニケーションの革命

 

海運業界におけるIT環境の整備は他の産業に比べて遅れていますが、船陸間のデータコミュニケーションについては、この25年の間に目覚ましい進展があったといえます。

25年前は、まだ船陸間通信にモールス符号(CW)が使われるのが一般的でした。日本からの中継無線局としては、銚子無線電信局(JCS)が広く利用されていました。陸上のオペレーターが航行中の船舶にメッセージを送る際は、できる限り簡略化したコード形式でJCSに送り、JCSはそれをモールス符号に変換して船舶に送信していました。しかし、現在では、船陸間で大量のデータファイルや画像を瞬時に送受信することが可能になりました。

当社StormGeoの製品・サービスにおいても、衛星を通じてより詳細で視覚的にもわかりやすい情報を船舶に提供できるようになり、安全航海や経済的な効率の向上に役立てられています......

 

 全文は以下のPDFファイルでご覧頂けます。